マッチング副業naviが優秀と評判?

副業に失敗するのは才能が原因ではない

副業が今大きなブームとなっています。

副業をするメリットは挙げたらキリがありません。

副業による収入が増えるのは勿論、副業で積んだ経験を活かして本業の成績を上げることも可能です。

不安定な世の中にあって、収入源が一つでは無いという事実は精神にゆとりをもたらします。

副業をしないという手はありません。

ですが副業をするメリットが分かっていたとしてもそれだけで稼げるというわけではないことは言うまでもありません。

実際副業を実際に始めた後、稼ぐに至る人、副業を続けることができる人は極めて稀です。

為替取引、アフィリエイトなど世の中には数多くの副業がありますが、それらをちゃんと副業と呼べるところまで持ってくることができる人は少なく殆どの人がろくに稼ぐことができないまま途中で断念することになります。

この記事を読んでいる人の中には過去に副業を始めてみたけれども、うまくいかなかった人もいるのではないでしょうか?

稼ぐために始めた副業で稼ぐことができないのは、副業をする才能がなかったからではありません。

単純にその副業が向いていなかったか、稼げるような副業ではなかったというだけなのです。

自分に合った副業を見つけることは容易なことではありませんが、どうやらこのマッチング副業naviという新しいビジネスが副業選びに悩んでいる人の助けになるということで今流行しているようです。

どんなサービスなのか、その内容についてまとめさせて頂きましたのでここで紹介させて頂きます。

マッチング副業navi登録

なぜ副業選びに悩む人にマッチング副業naviが適しているのか

自分に向いている副業とは、極論自分の稼ぎたい金額をしっかりと稼ぐことのできる副業です。

アフィリエイトで1億円の年収を稼ぐ人は確かにいますが、だからといって誰もがアフィリエイトで1億円の年収を稼ぐことができるわけではありません。

アフィリエイトで毎月50万円を稼いだとしても、本当に稼ぎたい金額が1億円であった場合必ずその収入に不満が生じます。

例えいくら稼いだとしても理想と現実に乖離があれば必ず苦しむことになるわけです。

副業は稼ぐに至るまでがまず簡単なことではありませんが、稼ぐに至ったとしても満足できる額が稼げるという保証はどこにもありません。

予め支給される給料が決まっている会社と異なり、副業はでは稼ぎが安定することの方が稀なのです。

だからこそ、自分にどんなビジネスが合うのか?理想の副業はなにか?を探す手伝いをしてくれるのが、マッチング副業naviになります。

マッチング副業naviがおすすめできる理由

副業自体が初めてという人に限らず、これから挑む人の中には自分の一人の力で本当にやりきれるか不安を抱えている人がいるかもしれません。

ですがマッチング副業naviには充実したサポートがあるので自分一人だけの力でやりきる必要がそもそもありません。

むしろ、頼れるパートナーとして支えてくれます。

評判がとてもよく、話題に上ることも多いマッチング副業naviですがこの状態が永遠に続くかというともしかしたらそうではないかもしれません。

というのも詳細はまだ余り表に出てきてはいませんが、同じのように競合が増えた結果、詐欺などまがい物が増えてきてしまいます。

何事も早いに越したことはありません。

もしも、マッチング副業naviに興味が湧いたのであれば少しでも早く始めることをおすすめ致します。

マッチング副業navi登録

1時間の講演1万円?クラウドソーシング「テープ起こし・文字起こし」の仕事は稼げる?

クラウドソーシングを利用した「文字起こし・テープ起こし」の仕事は、時給換算で、900~1700円くらいでしょうか。

音声を聞きながら、パソコンで文字を打つので、1時間1万円の仕事でも、作業時間は数時間かかります。

クオリティーを求められる「文字起こし・テープ起こし」の案件ほど、作業に時間がかかるため、時給が下がります。

仕事を探すには、クラウドソーシングサイトで「テープ起こし・文字起こし」の仕事を探し、応募します。

契約が成立すれば、お仕事ができます。

契約後、お仕事の依頼者から、会議や講演会の音声データが送られてきます。

その音声を聞きながら、パソコンで話の内容を文字データにし、紙面で読めるようにします。

必要なものはパソコンだけ

パソコンは、高性能のものでなくても大丈夫です。

文字を入力するだけなら、数万円のパソコンで十分です。

他にイヤホン、ヘッドホンがあると集中して作業ができます。

いくつかお仕事をして、文字起こし・テープ起こしに慣れてきたら、フットスイッチを購入すると、さらに効率よく作業ができ、稼げるようになります。

ワープロソフト

納品形式は、テキスト形式かワード形式が多い、テキスト形式で納品指示があるなら、Window標準のメモ帳やワードパッド等を使うことができます。

マイクロソフトオフォスのワードを使って納品するものもあります。

MicrosoftのOfficeソフトは、数万円します。

市販のソフトを購入しなくても、無料のソフトを使って、ワード形式で保存することができます。

音声再生ソフト

音声データの再生は、無料のものがインターネット上からダウンロードできますし、パソコン購入時、標準で入っているソフトで十分です。

動画が送られてくる場合やYoutubeの動画から、「テープ起こし・文字起こし」をすることもあります。

Windowsなら、音声データーの再生にWindows media playerが使えると思います。

iphoneなどで録音されたデータが送られてくることもあります。

Apple製のパソコンでなくても作業することができます。

ネット上には、音声のデータ形式を変換するサイトがありますから、データをmp3に変換することで、Windowパソコンでも作業できます。

イヤホン、ヘッドホン

安いものがよいです。

音楽用の高価なものは、低音から高音まで、よく聞こえるように設計されていますから、音声以外の雑音なども再生されやすくなっています。

安いヘッドホンやイヤホンのほうが、人の話がよく聞こえ、作業に集中できると思います。

イヤホン、ヘッドホンがあれば、周囲の音が遮断されるので、集中して作業することができます。

「テープ起こし・文字起こし」の仕事と報酬など

一番やりやすい仕事は、専門的なテーマでないもので、話し手が一人の内容を文字データにするものです。

話し手が複数いたり、質疑応答があったりすると、作業に時間ががかかってしまいます。

動画データがもらえる場合、発言者が特定できるため、作業効率がよいです。

講演会、セミナー等

  • (60分)5,000円~15,000円
  • (90分)10,000円~25,000円
  • (120分)10,000円~50,000円

質疑応答があるものは、話し手が誰か不明だったり、録音状況が悪いと、何度も聞き返すことになったり、手こずることがあります。

質疑応答での質問者は、自分の会社名(所属部署)や氏名等を言ってから、発言することがありますから、その確認作業も大変です。

可能なら、依頼者から名簿をもらうとよいと思います。

シンポジウム、鼎談(ていだん:3人で行う対談)

  • (90分)10,000円~30,000円
  • (180分)15,000円~50,000円

複数の人が話ますので、話し手が誰か分からず、誰の発言かを特定するのに、時間がかかることがあります。

質疑応答があると、会場にいる来場者なのか、発表者なのかのが分かりにくいことがあります。

司会者が質問していることもあります。

会議、座談会

  • (60分)5,000円~15,000円
  • (120分)15,000円~30,000円程度

話し手が複数います。

誰の発言が特定するのに時間がかかります。

会議室で録音するため、ボイスレコーダーの位置によっては、聞き取りにくいことがあります。

会議や座談会は、活発に発言があり、本人の特定が大変です。

仮に、Aさん、Bさん、Cさんなどとしても、声から誰の発言か判断できないことが多いです。

どうしても分からないときは、コメントを入れたり、マーカー等で示したりしておきます。

インタビュー

  • (15分)500円~1000円
  • (30分)1000円~10,000円
  • (60分)4,000円~2,0000円

1対1の内容で、分かりやすいテーマのものが多く、作業しやすいと思います。

文字起こしが初めての場合、インタビューのお仕事から始めるとよいと思います。

一文字当たりの金額、分単位の単価が提示されることもあります。

  • 1文字2円
  • 1文字2.5円
  • 1分当たり50円等

自動読み取りされたデータの校正作業

音声からデータ変換するソフトを使って、ある程度データ化されたものを依頼者から渡され、あなたが校正するお仕事です。

データ変換ソフトが完璧でないため、行われる校正作業です。

  • (60分)2000円から5000円
  • (300分)25000円
  • (600分)50,000円

納期が短い

翌日や2日間、1週間程度等、スピードが求められる案件が多いです。

依頼者は、雑誌の発行やウェブサイトへの掲載日から逆算して、お仕事を依頼します。

ワーカーとしてお仕事をする側が「テープ起こし・文字起こし」をし、依頼者に納品すると、依頼者はその原稿を点検し、印刷業者に回したり、Webサイト等で発表したりします。

依頼者の仕事上の都合から短期間での納品を求められるものも多く、急ぎの仕事は、報酬金額が高い場合があります。

10分間の内容を1時間かけて入力する

10分の内容の「テープ起こし・文字起こし」に1時間程度かかります。

1時間の内容なら、6時間です。

音声認識ソフトを使った場合、若干短縮できますが、一字一句を再現する完全な文字起こしだと、ほぼ同じくらいの時間がかかります。

質疑応答などがあり複数の人が話す内容がある案件や録音状態が悪いものだと、さらに時間がかかります。

専門用語が多い内容の会議だと、用語を調べたり、発言者を特定しながら打ち込むため、時間がかかります。

120分の会議の「テープ起こし・文字起こし」に20時間くらいかかってしまったことがあります。

10分の内容に1.5~2時間程度かかったことになります。

要約して打ち込んでよい場合は、10分の「テープ起こし・文字起こし」が、60分以内にできると思います。

依頼者からの指示の程度にもよりますが、30~40分くらいでした。

キーボードで文字を打つことが得意な方は、もっと早いと思います。

要約でよい

要約でよいと指示があるお仕事が多いです。

ケバ取り

「えー」「あー」「うーん」「ええと」という言葉を省略してよいと指示があります。

依頼者は、メモなどを取っていて、ザックリ打ち込んでくれればよいと指示される場合もあります。

また、録音状態が悪く聞き取れない場合や専門用語が不明な場合は、カタカナで書いたり、括弧書きでもよいと言ってくれる場合もあります。

正確に打ち込む

話し手が話す言葉を正確に打ち込む場合、作業時間がかかります。

また、語尾が不明なことがあります。

「できます」と「できません」は、「できま」まで同じで、どちらか不明な場合があります。

語尾が聞き取れず、肯定か否定なのか、前後の話の内容を確認しても分からず、判断に困ることがあります。

著名人などの文字起こしでは、正確に打ち込むよう指示があることがあります。

著名人の場合は、ネットで検索すると見ると、離す内容の癖などを探すことができる場合があります。

クラウドソーシングのお仕事一覧を見ても、話し手の言葉を一字一句正確に打ち込んでくださいという仕事は、ほとんどありません。

テープ起こし・文字起こし 実際の作業について

キーボードを使って、文字の入力作業を行いますが、同じ箇所を何度も聞き返すことになります。

私は、聞き返す位置を記録するため、下記のように時間の記録をしながら行っています。

可能なら、パソコンでなく、スマホや音楽プレーヤー等を使って音声データーを再生すると、効率よく作業することができます。

時刻をメモする

依頼者から送られた音声データーのファイルをダブルクリックすれば、自動的に音声再生ソフトが起動すると思います。

その再生ソフトが表示する時刻をメモしながら行うと、巻き戻して再生する場合など、頭出しがしやすいです。

講演会や会議の中で、特徴がある発言や会議に参加している誰かの発言、内容の区切りのよいところだけでなく、メモできるタイミングがあれば、時刻と発言内容等をメモします。

紙のメモだけでもよいし、講演会の内容を入力している画面に時刻を入力してもよいと思います。

スマホ・音楽プレーヤー・ボイスメモリーを2台使う

パソコンとイヤホンだけで作業する場合、作業中、パソコンの再生ソフトの停止ボタンを押したり、戻したりしながら作業を進めます。

1台のパソコンで、音声再生ソフトと文字入力を行うと、再生ソフトを操作するたびに、マウスを使って、マウスカーソルを再生ソフトに移動させたり、文字入力画面に戻って入力したりします。

1台のパソコンを使う場合、音声再生ソフトの画面と文字入力画面をマウスで行ったり来たりさせます。

同時に、パソコンのキーボードとマウスを行ったり来たりさせなくてはいけません。

そのため、作業効率が下がります。

そこで、スマホか再生専用の音楽プレーヤーを再生専用にし、パソコンを入力専用にして使えば、作業効率がよくなります。

「再生」「早送り」「巻戻し」などのボタンがキーボードに配置されているパソコンでも作業しやすいと思います。

複数パソコンがあれば、1台を再生専用にしてもよいと思います。

ボイスレコーダーにデータを転送して再生することもできます。

ボイスレコーダーなら、数千円で購入できます。

安いボイスレコーダーの中には、パソコンに接続できないものがあります。

音楽プレーヤも中古で安いものが売られています。

中古のスマホも低価格で手に入ります。

効率よく文字起こし・テープ起こしをするなら、フットスイッチ

パソコンに接続し、足を使って、音声の「再生」や「巻き戻し」「早送り」をさせるためのフットスイッチ(足踏みスイッチ)があります。

両手はキーボードに集中できるため、大変効率がよくなります。

「テープ起こし・文字起こし」のお仕事をたくさん行うのでしたら、購入を検討されるとよいと思います。

価格は、2,000円程度~1万円

フットスイッチを使って、ヘッドホンからの音声をキーボード入力をすることがありますが、とても効率がよいです。

ソフト・アプリを使って音声から文字に変換する

音声から文字を自動変換するソフトがありますが、Googleアカウントがあれば無料で変換することができます。

しかし、完全ではありません。

同音異義語のように、日本語特有の聞き間違いを機械もしてしまいますから、人の目による修正が必要です。

話の前後の流れから、人が行わないと正確に文字起こしができません。

同音異義語の例

  • 製菓、成果、聖火
  • 正解、盛会

句読点などもキーボードから入力する必要があります。

Google音声認識を使っても、人による作業が必要となります。

音声認識ソフトなしで、10分の内容に1時間程度かかります。

音声認識ソフトありでも、10分の内容に40分から1時間程度かかりました。

要約でよい文字起こしなら、40分程度でできると思います。

音声認識があっても、おかしいと思われる単語を調べたり、話し手が喋っている内容が正しいか確認するのに時間がかかります。

録音は確実に

スマホで音声認識させることができますので、会場で文字データにすることができますが、座席の場所が悪いと失敗することがあります。

また、スマホを使うと電源が落ちたり、電話の着信やメール受診時に動作が遅くなったり、操作ミスにより、録音やデータ変換に支障が生じてしまうことがあります。

会場で録音するなら、録音する位置が悪いと、うまく録音できないばかりか、音声認識ソフトがうまく動作しない(認識しない)場合があります。

自宅で音声認識させる

録音したものを自宅で再生し、Google音声認識で文字起こしをします。

スマホ/レコーダーから音をだして、パソコンのマイクで、その音を拾ってGoogle音声認識をさせます。

スマホ/レコーダーのイヤホン端子とパソコンのマイク端子を音声ケーブルで接続してGoogle音声認識させることもできます。

その他文字起こし・テープ起こしの注意点

注意点として、企業の会議だったり、発表前の記事の内容だったりすることもあるため、内容を外部に漏らすことがないようにしなければいけません。

業界の新しい計画だったり、これから世に出るであろう記事などの案件もあります。

バナー広告だけでは稼げない?キュレーションサイトの収益化

副業でキュレーションサイトを新しく始めたいと言う時に、考えたいマネタイズについて紹介します。

  • キュレーションサイトとは、
  • 記事をユーザーが書いてくれる
  • 自動的にコンテンツが増えていく

と言った、とても魅力的な情報サイトとして、注目されて久しいですが、実はそれだけでは少し収益を得ると言う部分では弱い面があります。

例えば、基本はSEO、Facebookで広告を出して「いいね」を拡げてユーザーを集める、アドセンス等のバナー広告を掲載して収益を得る、とモデルを立てて運営を開始する方は多いですが、その場合の収益を考えてみましょう。

まず大前提として、アドセンス等の広告枠のみで運営していこうとなると「1PVあたり0.1円~0.2円程度」に収まっていきます。

まずは、バナー広告枠のみで運営した場合の収益性を考えてみます。

最初はだれも自分から記事なんて書いてくれませんので、ライターを雇う必要があるでしょう。

そこまで質にこだわらなければ、一記事あたり100円程度で募集をすることができますので、一日20記事程度集めるならば、一か月に6万円。

これだけをバナー広告収益で賄うならば、30万~60万PV、一日1万~2万PVあって初めて広告費無しでトントンになる計算です。
(サーバー費用等は除外しています)

これに合わせて、将来的に手放しでもよくなるように、ディレクターを一人置けば、20~30万円程度、Facebook広告等でユーザーを集めるならば、最低でも月間50万円程度を賄う必要が出てきます。

50万円をバナー広告で賄うならば、月間250万~500万PVを達成して初めて収益化が達成できる、割と絶望的な数字となります。

ちなみに、国内のキュレーションサイトの、上位10位目あたりからがこのPVに近い数字です。

キュレーションサイトに近い2chまとめブログなどならば「最大手」と言われる位置づけになってくるレベルです。

国内トップ10に立って初めて利益になる…と言うビジネスモデルではさすがに成り立たちません。

ではどのようにして収益化をしているのでしょうか。

広告と見分けがつかないネイティブ広告

マネタイズとしてまず考えられるのが、記事広告。

他のサイトの紹介記事に飛ばすことも多いですが、商品を紹介する記事を、サイト内の記事として同じように作ることでさらに収益性があがります。

いわゆるネイティブ広告と言われるものですが、ほとんどのキュレーションサイトはこれを導入し、これが収益の要となっています。

サイト内の記事として、商品を紹介する事で、そのサイトのファンであればあるほど自然な口コミとしてユーザーに認知され、商品の購入率がとても優秀なLPとして動き続けるページが出来上がります。

立ち上げるキュレーションサイトの読者は誰なのかを想像し、その人が買いたいと思うであろう商品についての紹介記事へ対して、広告費を取るページを用意し、その記事へクリックが流れやすいようにクリックされやすい位置へ配置していく。

そうする事で、例えば単純にシャンプーのアフィリエイトを行ったとしても、そのページへたどり着いたのちに商品ページへ飛んだユーザーは10人に1人程度は購入します。

1PVあたりの収益は1円~数円程度にまずは上がっていきます。

商品がサイトの特徴にマッチしていればしている程、収益は上がっていきます。

景気が良い業界であれば、1円でも課金したならば数万円の報酬が貰えるような課金保証を採用している所もあります。

アクセスの流れさえ出来上がってしまえば、極端な話、まったく運営しなくなっても収益が入り続けます。

弊社が管理している案件で言えば、一年~二年近く放置しているサイトがあるのですが、広告費・運営経費はほぼ0で、未だに毎月10~20程度入ってきているようなサイトもあります。

アフィリエイト以外にも、PV数がそれなりにあれば、記事広告として1記事あたり十数万等の提案もできるようになるでしょう。

アクセスが大きくなればなるほど、一記事当たりの価格を自分から決めることができるようになってきます。

いかに、記事広告にアクセスを集めていくかが肝となってきますが、やりすぎると嫌われる原因ともなるため、微妙な按配が必要です。

キュレーションサイトは購入の前段階

実は、キュレーションサイトとは、商品を購入する顧客の活動チェーンから見ると、何かを購入する為の、前段階として位置づけられます。

どこかに行きたいと決断させる記事を読んだ
最近流行りのこのグッズを購入したいと思わせる記事を読んだ
解決方法はなんだろうと探していた

そんなキッカケになるのが、キュレーションサイトの役割です。

そのキッカケを受けて、顧客は商品やサービスを購入し、商品やサービスを実践する為や、アフターサービスを受ける為にお金を払っていきます。

キュレーションサイトの先に、ユーザーのお金が動いていきます。

そこで、サイト自体をゴールにしてしまう方法があります。

例えば、マッチングサイトを併設する方法があります。

むしろ、最近は逆に、マッチングサイトにはキュレーションサイトの機能の併設がほぼ必須となってきているのではないでしょうか。

書き手が特化している知識・技術を、売り物として出してもらう仕組みを導入する事で、その記事を読んだユーザーは、書き手へ対して直接、サイトを通してサービスの提供を依頼します。

この方法の優れている点は、ライターが「自分の為」に記事を自発的に書いてくれる点です。

専門性が高くなるため、PVこそそこまで稼げませんが、たどり着いたユーザー自体が既に「何かに困って」調べてきた為、非常に高い収益性を示します。

弊社が現在進行中の案件のお話しなのですが、キュレーションサイトの依頼を受け、詳しくヒアリングをしていました所、最終的にはそのサイトを元に「掲示板を設置して」そのジャンルが好きな人が集う掲示板を通してパーティーを開ければ、と言う目的を持った依頼でした。

そこで、パーティーへの参加を最終的なゴールとした場合の設計として、

  • まず、キュレーションサイトとしてそのジャンルの情報をライターに書いてもらいつつアクセスを集める。
  • サイト内外問わず、そのジャンルに関わるイベントのレポートを書いてもらい、記事の一番クリックされやすい位置はイベントレポートを挿入する。
  • さらに、サイト内でイベントの告知を行えるページをキュレーション記事として作成できるようにカスタマイズを行い
  • イベントレポートページで一番クリックしやすい位置にイベントの参加募集告知を置く。

と言う設計を行っている最中です。

これにより、まずそのジャンルの記事に流入してきた人はそのジャンルに興味がある人である為、イベントに興味があればレポートもクリックする。

レポートを見て楽しそうだと思ったならば、後は都合さえ合えばイベントに参加する、と言う流れを作り上げています。

合わせて、イベントの参加募集を広告枠として販売する事等も可能であり、イベントへ参加した人へ対してはレポートを書いてもらう事で、次回の割引などの優遇を行う形にて、イベントライターの確保にもつながります。

ニッチを狙えば業界一位も?

最後に、収益を上げる方法としてとても効果的な手法があります。

ニッチなジャンル専門サイトとして運営することです。

そうすると、すぐにその業界の上位三位以内には入ることが可能です。

上位三位以内であれば、広告掲載料金は自分たちで決めても文句を言われません。

ニッチなジャンルであれば、三か月もあれば上位三位以内の位置づけも可能です。

ニッチなジャンルであれば、一日数千PVであってもバナー広告で数万円を獲得できます。

月間3万PVのサイトで、ほとんどクリックされない468×60のバナー広告でさえも月額6万を提示する程、強気な値段設定も可能です。

もちろん、ニッチな業界というのはこの情報を見るならこのサイトといった常識が固まってしまっている業界でもあるので、そこに一石を投じるにはそれなりの攻略法が必要です。

市場の規模自体が月間3万PV程度しか無い可能性だってあります。

PVも、芸能ネタを集めたりするよりは伸びにくさを感じることでしょう。

それでも、競合数百社の五十番目よりも、競合二十社社程度の上位三位の方が収益は出しやすいです。

まとめ

以上のような方法が、キュレーションサイトを収益化する上で必要な事ですが、どんなサイトを運営したいかにより、取れる作戦も変わってきます。

他にも、専門性が高いものであれば、読者に有料登録をさせて読み物としてのゴールとする等もあります。

読者・ユーザーの目的を追求していくことで、収益性を一気に上げることができるのがキュレーションサイトの最大の武器です。

その見せ方や、作りこみ方は、だれをターゲットにするかによってさまざまな方法が考えられます。

芸能情報サイトが婚活パーティーを企画してもあまり人が集まらないように、テーマに合わせた設計が必要です。

また、サイトによっては普通のキュレーションサイトには取れない作戦も取れる可能性があります。

キュレーションサイトだからと言って、情報紹介だけにはこだわらず、自由な可能性を見つけてみるのも、自社サイトのオリジナリティ創出、ブランディングに役立つのではないでしょうか。

ネットビジネス初心者がゼロから始める成功の秘訣10選

ネットビジネスの世界は、会社の中だけの世界とは違います。

目の前で誰かから直接教えてもらえるわけではないので、何をどう取り組めばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

実際、ネットビジネスの世界では気づかないうちに道を外れてしまう初心者の方も少なくありません。

なのでネットビジネス初心者の方には、迷わないための道しるべが必要です。

今からお話しすることは、初心者の方の道しるべとなるような成功の秘訣です。しかも他ではなかなか知ることのできない秘訣です。

この記事を読み終わることにはきっと、他のネットビジネス初心者の方の一歩先に進むことができているはずなので、ぜひ楽しみにしながら見てもらえればと思います。

ネットビジネス初心者の方が知っておくべき10の秘訣

【秘訣1】ゼロから始めるなら「アフィリエイト」か「せどり・転売」

ネットビジネスを始めたいけど何をすればいいのかわからない方は、鉄板の「アフィリエイト」もしくは「せどり、転売」をオススメします。

その理由は、稼げる確率が高いからです。

どちらも稼ぐまでの方法が確立されていて、成功者もケタ違いに多く、情報源が豊富なので他の方法に比べて結果が出やすいという大きなメリットがあります。

ネットビジネスと一言で言っても、その種類は数多く存在します。

その中には一時的にしか稼げないものや、法律違反ギリギリのもの、全く稼げないものなど、絶対に手を出さない方がいいものもあります。

最初のうちは、その見極めがなかなか難しいと思います。

実際、この一番最初の「何をやるか?」という部分で大きく道を外れてしまう人も少なくありません…。

ですから、まずは確実な「アフィリエイト」と「せどり・転売」に取り組むことで、低リスクなスタートダッシュができます。

【秘訣2】誰から学ぶかを慎重に決める

ネットビジネスは検索して手に入る無料の情報だけで稼ぐのは難しいです。

誰かから教わる方が圧倒的に早く稼げるようになります。

とは言っても、普通の仕事のように周りに仕事を教えてくれる人がいるわけではありませんから、講座を受講する、教材を購入する、といった方法で学ぶことが大切です。

ここで難しいのが、『誰から学ぶか?』という問題です。

アフィリエイトもせどり・転売も成功者が多い分、誰から学べばいいのか?が難しいという問題があるのですが、いくつかのポイントを押さえておけばリスクを激減させることができます。

失敗しない基準は、その人物が確かな実績があるかどうかです。

  • 現在進行形で稼ぎ続けている
  • 稼いでいる額が大きい
  • 指導実績も確か

というポイントで判断しましょう。

また、稼ぐためのテクニックや稼ぐ方法だけでなく、ビジネスとしての本質的な考え方や戦略を教えてくれる方から学ぶようにしましょう。

長く稼ぎ続けるために必要なのは、考え方や戦略といった捉えにくく難しい部分だからです。

考え方や戦略を教えてくれるビジネスの専門家から学ぶことができれば、最短最速で稼げるようになるでしょう。

【秘訣3】起業家の世界を知る

ネットビジネスはパソコン1台でできるといっても、本質的な部分は一般的なビジネスと同じです。

ビジネスを知り尽くした起業家の視点、考え方、基準を知ることは、自分を成長させる大きなきっかけになります。

ゼロから始めて何億も稼ぐ社長になったという方は、探せば大勢います。ですが、そういう人脈がある人はなかなかいないですよね。

実は、起業家、社長、経営者との人脈がない方でも起業家の世界を無料で知る方法があります。

それが、『無料メールマガジンに登録する』という方法です。

インターネットを活用してビジネスをしている人のほとんどが『無料メールマガジン』を活用しています。

そのメルマガに登録しておけば、稼いでいる起業家が一体どういうことを考えているのか?が見えてきますし、稼いでいる起業家の様々な知識を得ることができます。

起業家のレベルを知れば、あなたのレベルも上がります。そしてあなたのレベルアップは、稼げる金額に直結します。

【秘訣4】学んだらとりあえずやってみる

とりあえずやってみる精神は、ネットビジネスで成功するために不可欠です。

ネットビジネスは、実業ほど大きなリスクはありません。これがネットビジネスの魅力の1つです。

お店を出すビジネスのように何百万もの初期投資が要りませんから。

とはいえ、ネットビジネスが簡単というわけではありません。専門的な知識も要りますし、スキルも必要です。

始めたばかりの頃は学ぶことにばかり意識がいってしまい、肝心の実践がおろそかになりがちです。

さらに、「失敗したらどうしよう」という不安もありますから、どうしても実践の時間も減ってスピードも遅くなってしまいます。

ネットビジネスの世界は流行り廃りが早いので、1年前に稼げていた方法が明日にはもう稼げなくなるということも平気で起こります。

石橋を叩いて渡る、なんてことをしていると、渡り終わる頃にはもう荒れ果てているかもしれません。

なのでスピードを速めて早く稼ぐために、とりあえずやってみる精神が必要です。失敗をどれだけ恐れてもお金は稼げません。

どれだけ一生懸命学んでも、実践しなければお金は稼げません。とりあえずやってみましょう。

【秘訣5】本を読む

始めたばかりのころは、どうしても知識もスキルも足りません。

それが原因で上手くいかないこともあるでしょう。

でもそれは仕方ないことですし、誰だって初めはそうです。

そういうときに助けてくれるのが偉大な人物の知恵です。本を読んで偉人の知恵を借りるのです。

自己啓発、時間管理、思考法、目標達成、PDCA、セールス、マーケティング、コミュニケーション、コピーライティングといった分野はネットビジネスと大きく関係しています。

1冊の本で稼げる桁が変わったという話はよくありますから、本の費用対効果は計り知れません。

スキルは実践を続けることで磨くことはできますが、知識は外からでないと手に入りません。

ネットビジネスは肉体労働ではなく知的労働です。

肉体労働が体を動かすほど稼げるように、知的労働は知識をつけてその知識を活かすほど稼げるようになります。

知識は埋蔵金のようなものです。

多くの本を読んであなたの頭の中にどんどん金を貯め込んでいきましょう。

【秘訣6】ネットビジネスをする目的を明確にする

ネットビジネスをやっていく中で、必ず壁にぶつかるときがきます。

思った通りの結果が出ないことはよくあります。

その壁を乗り越えるエネルギーになるのが『そもそもなぜネットビジネスでお金を稼ぎたいのか?』という目的の部分です。

ここが自分の中でしっかり軸になっていると、高いモチベーション状態で維持でしながら、ネットビジネスに取り組むことができます。

その目的はなんでも大丈夫です。

例えば、単純にお金が欲しいからというものでも、家族のためでも、収入を増やしてモテたいとかでも大丈夫です。

ただ、できるだけ具体的でシンプルなものが良いです。

例えば、

  • 目的…生活を少しでも楽にするため
  • 目標…3ヵ月後までに2万円稼ぐ

といった目的・目標なら、具体的でシンプルですよね。

  • あなたにとってエネルギーの源になるようなものは何でしょうか?
  • あなたはネットビジネスをなぜ始めたいと思ったのですか?
  • ネットビジネスで稼いでどういう人生にしたいですか?

ぜひじっくり考えてみてください。

【秘訣7】作業を習慣化する

ネットビジネスは誰でも始められる分簡単だと思われがちですが、正しい知識と正しい方法を学び、正しく実践しないと稼げません。

そのためには、諦めずに継続することがなにより大切です。

じゃあどうすれば諦めずに継続できるのか?と言うと、そのコツは習慣にしてしまうことです。

毎日会社に出勤するように、毎日お風呂に入るように、生活の一部にしてしまうのです。

とはいっても、習慣にするのは大変だと思います。なので前日に翌日行う作業を書き出してスケジュールにしてしまうことをオススメします。

やることが決まっていれば、作業に取り組みやすくなります。

ただ、いきなり詰め込み過ぎてしまうと挫折しやすくなりますので、まずは小さく始めてみましょう。

例えば、1時間だけ取り組む、といった感じでも良いと思います。

その小さくが習慣になったら、次はもっと作業量を増やしてみたり、作業時間を長くしてみたりとステップアップしていきましょう。

作業の習慣化に成功すれば、あなたが稼ぎたい額を稼げるようになるまで、ノンストップで継続できます。

継続は力なり、です。

【秘訣8】投資する感覚を身につける

多くのネットビジネスは金銭的リスクが最小限で始められます。

アフィリエイトなら無料で始めることもできます。

ですが無料だけではすぐに限界がくるのも事実です。

Webサイトの維持費、教材代などはどうしても必要になります。

そのために払うお金は成功するために絶対に必要な費用です。

もしあなたもお金をかけずに稼げるようになりたいと思っているなら、残念ながらそれはオススメできません。

それは遠回りになります。

必要なものに投資することを躊躇してしまうと、余計に稼げるようになるまでに時間がかかって挫折しやすくなってしまいます。

必要な物には投資を惜しまない、必要でない物にはお金を使わない。

その違いを理解してお金を賢く使うことで、投資したお金はお金を連れて戻ってきてくれます。

【秘訣9】正々堂々と取り組む

ネットの世界は著作権や肖像権などでグレーゾーンが存在します。

ネットビジネスも立派なビジネスですから、必ず法律とルールを守って正々堂々取り組むことが絶対です。

ネットビジネスで注意すべき主な法律はこちらになります。

  • 医薬品医療機器等法(薬機法/薬事法)・・・健康食品などの広告の表現に関する法律。
  • 著作権法・・・音楽や漫画、写真やイラストなどの著作物に関する法律。
  • 景品表示法・・・広告の表現に関する法律。
  • 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律・・・電子メールによる広告に関する法律。
  • 古物営業法・・・中古品などの古物に関する法律。

これらの法律は、始める前によく確認しておきましょう。

ですが、どういった場合が法律違反になるのか?はケースバイケースなので、あなたのケースではどうなのか?を事前にチェックしてみてください。

自分で理解できない場合は専門家に相談してみましょう。

分からないまま進めてしまうのが一番怖いですから。

【秘訣10】時間を上手く使う

ネットビジネスを始める場合、まず副業で、というのが多いパターンだと思います。

副業となると自分の自由な時間は確実に減ります。

スキマ時間も活用して本を読んだり、作業を少しでも進めたりして時間を確保しないと、なかなか進みません。

そこで、まずは普段の自分の生活を記録して、普段何に時間を使っているのかを把握しましょう。

何に何分使っているのかが分かれば、無駄な時間も見えてくると思います。

次に優先順位を決めます。

『秘訣6.ネットビジネスをする目的を明確にする』を読んであなたの目的が明確になり目標が具体的に見えているなら、優先順位は決めやすくなります。

1日の時間で、その目標を達成するのに不必要な時間と必要な時間とに分かれると思います。

そこから少しでも削れるところはないか?少しでも副業の時間を増やすことはできないか?を考えて時間の使い方を見直せば、今より格段に効率良く時間を使うことができます。

24時間という与えられた時間を変えることは不可能ですから、少しでも早く少しでも多く稼ぎたいなら、時間の使い方を変えることが必須です。

ぜひ普段の時間の使い方を見直してみましょう。

まとめ

稼ぐ方法を知ることも大切ですが、まずその前にこういった秘訣を知っておくことで、スタートダッシュが早くなり、成功の道から踏み外すリスクも減ります。

ここまでお話ししてきた10の秘訣は、ネットビジネスで稼ぐための土台となり柱になります。

ここがしっかりしていれば、多少の揺れがあっても崩れることはありません。

ここまで読んだあなたは、間違いなく他のネットビジネスの初心者の中で一歩先に進むことができました。

しかも正しく確実な一歩です。

もうスタートダッシュには成功しています。

今日知ったこの10の秘訣を頭に入れて、ネットビジネスに取り組んでいきましょう。

ガッツリ稼いで人生を変える旅の始まりです。

フォロワーが少なくても稼げる?インスタグラムを使って副業

「インスタグラムに写真を投稿するだけでお金を稼ぐ」

夢のような話に聞こえますが、ブロガーやYouTuberなど、自分のコンテンツでオーディエンスを引きつける人たちと同様に、インスタグラマーも「リーチ力と影響力」という企業が手にするのが難しい2つのことを理解しています。

今回の記事では、実際にインスタで稼ぐためにどのくらいのフォロワーが必要なのかや、どのような方法でお金を稼ぐことができるのかを紹介します。

どれくらいフォロワーが必要?

お金を稼げるようになるためにどれだけのフォロワーを集める必要があるのか。

答えは…「考えるほど多くなくて大丈夫」です。

とりあえず以下のことを考えてみましょう。

  • あなたが得意とするのは、どんなジャンルですか?
  • そのジャンルは簡単に既存のカテゴリーに結びつけることができますか?
    (例:ファッション、フード、ビューティー、フィットネス)
  • あなたのフォロワーはどれくらいのエンゲージメントがありますか?
    (偽のフォロワーが10万人いても意味がないですよね)
  • どういう経路で利益を得たいと考えていますか?

基本的には、エンゲージメントの高いフォロワーがたくさんいればいるほど、効果的です。

トップインスタグラマーともなれば、写真シェアのプラットフォームの投稿1つで数十万人の注目を集めます。

とはいえ、1,000人クラスの小規模だけれどもエンゲージメントの高いフォロワーさえいれば、お金を稼ぐポテンシャルは十分にあります。

インスタでお金を稼ぐ方法とは?

コンテンツのユニークさとオーディエンス、あなたのコミット具合によっても違ってきますが、次のような方法でインスタグラムで利益を生み出すことができます。

  • 企業から依頼を受けてPR投稿を行う
  • アフィリエイトをはじめる
  • ネットショップをオープンする
  • 自分で撮った写真を販売する

これらの手法はトレードオフの関係にはないため、同時進行も可能です。

まずは、もっとも一般的な方法からはじめてみましょう。

インフルエンサーとして、ブランド企業とパートナーシップを結び、マネタイズを目指します。

企業から依頼を受けてPR投稿を行う

インフルエンサーという言葉をもちろんご存知だと思います。

原則的にインフルエンサーとは、素晴らしいことをやったりシェアしたりして、オンライン上で評判を高めている人であれば、だれでも当てあまります。

オーディエンスからすると、インフルエンサーは流行を生み出す人物であり、特定の分野について信頼できる専門家です。

企業はインフルエンサーには太刀打ちできないため、スポンサーとしてインフルエンサーと協力し、企業の商品やサービスをPR投稿という形を使って広めてもらいたいと考えています。

しかし、企業が求めているのはインフルエンサーのフォロワー数だけではありません。

そうではなく、フォロワーのエンゲージメントと信頼こそがもっとも企業側が欲するものなのです。

クリエイターであることと、収益を得るためにやらなければならいことのバランスをとるのは、むずかしいかもしれません。

ですが、あなたはパートナーシップを結ぶブランドを自由に選ぶことができます。

ブランド側も同じように、インスタグラマーを選ぶ権利があります。

ここが重要なところです。

投稿に対する値段の決め方

スポンサードポスト契約には、まずコンテンツ(投稿、ビデオ、ストーリー)の制作が含まれ、また場合によってはあなたのコンテンツをブランド側が自社サイトや広告のなかで二次利用する権利が含まれることがあります。

契約内容は交渉可能な場合がほとんどです。

投稿1件あるいはキャンペーン全体に対していくらという契約、または商品やサービスの無料提供、ギフト、名前の露出と引き換えでコンテンツを作る、ということもあります。

交渉のときに気をつけたいのは、あなたはただコンテンツ制作を引き受けているのではなく、世界的に有名なSNS上で自分のオーディエンスに対してアクセスする権利と、コンテンツの使用権をオファーしているということです。

インフルエンサーがどのくらい有名かや事務所に所属しているか否かにもよって変わってきますが、一般的には1フォロワーあたり約1~3円の費用と言われています。

この数字は、あなたが交渉の際にベースとする考え方の基本になるのではないでしょうか。

最後に、自分のオーディエンスを知っておくことも重要です。

オーディエンスの属性はどういう構成になっていて、エンゲージメント率(全体のエンゲージメントをフォロワー数で割って計測)はどれくらいでしょうか?

ビジネスアカウントに切り替えると、アナリティクスレポートからこうした数値を探り出すことができます。

数字をおさえておいて、交渉の場にそなえましょう。

パートナーブランドの見つけ方

もしあなたがすでに多くのフォロワーを集めているなら、ブランドのほうがあなたを見つけてくれるでしょう。

または、自分からブランドを探しにいくこともできます。

探すべきブランドは、パーソナリティや価値観という点からあなたと似通っている必要があります。

オーディエンスに、あなたがなにかを売り込んでいると感じさせないためです。

直接ブランドに対して売り込むことも可能ですが、インフルエンサー向けマーケットプレイスに登録するのも手段の1つです。

そこでは、見つけてもらう可能性が大いに高くなります。こちらは海外のインフルエンサー向けマーケットプレイスの例です。

  • Shoutcart:ブランドの代わりに、オーディエンスに向けて呼びかけを行います。
  • Fohr Card:Instagram、ブログ、YouTubeチャンネル、あるいはほかのソーシャルプラットフォームを結びつけ、インフルエンサーのカードを作ります。このカードは、あなたの複数のプロフィールとトータルのリーチ力をブランドに対してアピールします。また、パートナーを探しているブランドのリストにアクセスできるため、彼らのニーズがわかり、率先した売り込みが可能となるでしょう。
  • Grapevine:5,000人以上のフォロワーがいる場合、グレイプバインのリストに登録することができます。このマーケットプレイスでは、同じような嗜好のブランドを見つけることが可能です。
  • indaHash:あなたが参加できるキャンペーンをブランドが打ちます。特定のハッシュタグを付けて写真を投稿するとマージンが支払われる仕組みです。参加するには、700人以上のアクティブなフォロワーが必要です。

スポンサー投稿に関するルールは状況により変わりますが、オーディエンスの信頼を大切にすることをおすすめしますので、#PR や #広告、 #Sponsored などのハッシュタグを付けてわかるようにしておきましょう。

企業にとってもインフルエンサーにとってもステマと見られて良いことはひとつもありません。

ぜひ研究のために、#PR のハッシュタグがある投稿をインスタでチェックしてみてください。

ほかのインスタグラマーたちがどのようにブランド型コンテンツをストーリーに組み込んでいるかを確認できるはずです。

ちなみに、インスタグラムには、ほかにも”…とのタイアップ投稿”という表示もあります。

すべてのビジネスにこの機能が展開されているわけではありませんが、スポンサーシップがわかるためにこのような表記が存在しています。

アフィリエイトをはじめる

インフルエンサーとは異なり、アフィリエイトの場合には認知の拡大のみを目指すのではなく、成果報酬の受け取りと引き換えに売り上げへの貢献が求められます。

あなたが参加できるアフィリエイトプログラムを提供している企業を調べて、アプローチしてみましょう。

または以下のようなASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)で探すことも可能です。

  • A8.net:国内最大規模のアフィリエイトサービスです。
  • 楽天アフィリエイト:楽天のアフィリエイトプログラムです。成果報酬は楽天スーパーポイントで支払われます。
  • Amazon アソシエイト・プログラム:ポピュラーなアフィリエイトオプションで、紹介料は売上の10%です。

ネットショップをオープンする

この記事をここまで読むと、インスタグラマーが稼ぐには外部のブランドと協力する以外に手段がないように思われるかもしれません。

ですが、クリエイターは自分の商品を売ることに関してとても良いポジションにいます。

形のある製品、サービス、デジタル商品、すべてがブランドの延長となり得ますが、結局のところオーディエンスを中心にビジネスは展開されます。

事前準備に時間をかける必要はありますが、いまどきのクリエイターにとって、起業によってビジネスを拡大することは自然な流れといえます。

そして人間でなくても、ネットショップを使っての収益化は可能です。

自分の商品を売るのであれば、他社のブランドメッセージを戦略的にいかに折り込むかを心配しなくて済みます。

むしろ、売る商品を通じて、あなた自身のブランドを展開できるのです。

自分で撮った写真を販売する

140文字で人気者になれるツイッターとは異なり、インスタグラムは写真をメインとしたアプリです。

写真は、ライセンス販売やプリントなど、いろいろな売り方ができるアセットです。

写真に魅力を感じてインスタグラムをはじめたのであれば、あなたは500pxやTwenty20などのマーケットプレイスに写真をアップして、ブランドや出版社のライセンス契約を得られるかもしれません。

ただ、前項でご紹介したような方法で、オリジナルデザインをプリントしてグッズとしてネットショップで販売することも可能です。

PrintfulやCanvathのようなサービスを使えば、ポスターやスマホカバー、枕に至るまで、多様なプリント展開ができますし、受注や発送まで頼めるので、ショップの運営に忙殺されることはありません。

ここでDaniel Arnoldの話をご紹介しましょう。

Forbesのインタビューによれば、彼は自分の撮った写真を販売しはじめたことで、毎日の食事に困るような生活から、1日で15,000ドルを売り上げる写真家へと転身しました。

もし需要があるとわかっているなら、あなたがやるべきことは、チャンスを活かしてオーディエンスがあなたの写真を買えるようにすることだけです。

インスタグラマーとしてのチャンスは無限

笑いをとるための投稿だったり、愛犬との写真だったり、食べ物の投稿だったり、最初は趣味として始めたインスタがいつのまにか雪だるま式にふくれあがり、エンゲージメントの高いフォロワーに支えられて、大きな収入源になっていく事例はいくらでもあります。

フィードを見始めたらスクロールをやめられなくなる、そんなクリエイター冥利につきるアカウントを作り上げたくはないでしょうか?

オーディエンスを魅了する可能性が目の前に広がっています。

クラウドソーシングの問題点と評判・口コミを調べてみた

現在、副業を解禁する企業も増え続け、働く社会人が自分に合った「副業」を探し始めています。

中でも、自分の「スキル・得意」を求めている誰かから仕事を受けることができる「クラウドソーシング」は副業にしやすく、世間からの注目度は上がっていく一方。

しかし、なにごとも良いところだけではなく悪いところがあるように、クラウドソーシングサービスにも様々な問題点が挙げられています。

そこで今回は、利用開始の際に困ったり、損をしたり、騙されたりしないように、事前に知っておきたいクラウドソーシングの問題点を、実際に利用したユーザーの評判や口コミをもとに解説していきます。

クラウドソーシングの悪い評判・口コミ

さっそくクラウドソーシングサイトの利用者から出ている悪い評判・口コミを3つ紹介していきます。

案件のレベルと報酬が釣り合っていない

「こんなに頑張ったのにこれしか報酬がもらえない…」との声が多いクラウドソーシング。

ずばり、「報酬が安すぎて稼げない」問題です。

中には、クライアント側がわざと不当な報酬設定しているパターンもあるでしょう。

しかしそれ以外にも、仕事を請け負うユーザー側が効率良く仕事をこなせていない可能性も考えられます。

どちらにせよ、双方がWin-Win(ウィンウィン)の関係になる適切なマッチングができていないのです。

「報酬が安すぎる」問題の対策

クライアントの信頼性をしっかりと確かめる

以下のような情報からクライアントの信頼性を確かめましょう。

・クライアントに関する情報の下調べ
→名前・プロフィール・仕事内容・会社HPなど
・他の案件との比較
→仕事内容や報酬に関する記載情報は細かく丁寧か?など

「実績を積むための下積みは必要」精神を持つ

最初のうちから高単価の案件は受けにくいでしょう。

しかし実績を積み、プロフィールを充実させ、クライアントからの信頼を得られるようになれば、高単価の案件を受注しやすくなります。

まずは積み重ねる精神を大切にしましょう。

コミュニケーションが取りづらい

クラウドドソーシングサイトに付いているチャット機能や、スカイプなどを利用してコミュニケーションを取るのが基本です。

そのため、対面で直接話せない場合が多く、双方のコミュニケーションにおけるズレが生まれてしまいます。

問題はそのずれが「誤解」を生み、クライアント側から仕事の受注を「却下」されてしまう可能性があることです。

「コミュニケーション」問題の対策

情報の見落とし・聞き落としをなくす

  • 疑問点が浮かんだらすぐに聞く
  • 認識のズレがないか都度確認する

このような工夫をして、お互いの認識を合わせましょう。

クライアントへの報連相をしっかりとこなす

相手に伝える内容・伝え方を工夫して、相手の誤解を生まない最大限の努力をしましょう。

「相手のためになんでこんなことまで…」と面倒な気持ちになり、投げやりにやり取りをしてしまうと、しっぺ返しをくらってしまいます。

悪質なクライアントに出会うことも

  • 成果物に問題がないにもかかわらず「却下」される
  • 報酬が適切に支払われない(無払い/払い遅れ)
  • 連絡が途切れる

といった悪質な対応を取るクライアントから、仕事を請け負ってしまうこともあります。

「悪質なクライアント」問題の対策

クライアントの信頼性をしっかりと確かめる

名前やプロフィール、仕事内容、会社名HP。

他の案件との比較は絶対。少しでも怪しいと感じたら、そのクライアントの仕事はやめておきましょう。

運営へすぐに相談・報告する

クライアント側に問題があると確信したら、即座にクラウドソーシング側に報告をして、対処してもらいましょう。

遅くなればなるほど、ユーザ側の問題を指摘されてしまう可能性が上がっていきます。

クラウドソーシングの良い評判・口コミ

クラウドソーシングサイトの利用者から生まれている良い評判・口コミを3つ紹介していきます。

いつでも好きな時間だけ働ける

スキマ時間を有効に活用できると、高く評価がされています。

特に副業に利用できる時間が不定期に訪れる会社員や子育てをしている人にとっては、働きやすさを追求できる大きな魅力です。

どこでも好きな場所で働ける

在宅ワークの仕事が多いので、自宅はもちろん、お気に入りのカフェなどで働ける点も評価されています。

移動時間も削減できるので、その分作業時間に費やせるでしょう。

自分で仕事を選べる

クラウドソーシングで仕事を選ぶのは自分。

豊富な案件の中から、希望条件に合うものがあればエントリーします。

会社のように誰かに割り振られるわけではないので、やる気がわくでしょう。

  • 興味があった分野の仕事を、まずは低単価から挑戦
  • 趣味を題材にしたライティング案件で好きなことをお金に
  • 本業に関係する仕事をして相乗効果

このようにそれぞれの目的に合わせて仕事を選べます。

おすすめクラウドソーシング

クラウドソーシングは登録後にしつこく電話がくるわけではないので、好きな時に好きな仕事を探すために副業に興味がある人は登録しておいて損はないでしょう。

おすすめは複数のクラウドソーシングに登録して、その中から自分に合う案件を見つけること。

それぞれのサイトの特徴を紹介していきます。

クラウドワークス

クラウドソーシングといえばクラウドワークス!と言われるほど有名なサービスです。

国内シェア・取引額・ユーザー数はNo.1。

初心者向け案件も豊富なので、まず最初に登録するサービスとしておすすめです。

クラウドワークスの特徴

  • 初心者向き簡単な案件も豊富
  • アプリが使いやすい

ランサーズ

クラウドワークスと同じく大手クラウドソーシングサービス・ランサーズ。

「豊富な案件の中から選びたい!」という人におすすめです。

ランサーズの特徴

  • 案件数100万件以上
  • スマホで操作しづらい

クラウディア

クラウドワークスやランサーズに比べると利用者・案件数は少ないですが、だからこそレア案件が見つかることもあるクラウディア。

クラウディアの特徴

  • 手数料が業界最安値(3~15%)
  • 案件数少ないがレア案件あり

クラウドワークスやランサーズと合わせての登録をおすすめします。

まとめ

「案件と報酬の不釣り合い」問題/「コミュニケーションのズレ」問題/「悪質なクライアント」問題、クラウドソーシングサイトが抱える3つの問題点を評判・口コミから解説しました。

同時に、それぞれを予防・改善する対策の紹介もしたので、同じような問題に直面しないよう、最初から意識的に取り組んでみましょう。

趣味を活かした主婦の副業

自分の趣味や特技を活かして収入を得ることが出来るのは、多くの人が最も理想としている稼ぎ方の一つでしょう。

しかし現実的には、趣味や特技を活かした仕事に就くことは非常に難しいと言っても過言ではありません。

ところが、本業以外の部分でなら、趣味や特技を活かして収入を得ることも不可能ではなくなる可能性があります。

例えば、主婦の方は日常的に家事を行っている為、料理や手芸等が得意な方が多い傾向があると言えます。

元々これらが趣味になっていた方なら、その腕前も相当なものになっているかもしれません。

最近は主婦ならではの特技を活かし、副業を行っている方も増えています。

メジャーな主婦の副業の一つに、ネットオークションが挙げられます。

一般的なネットオークションのイメージというと、家庭にある不要品をリーズナブルな価格で希望者に落札してもらうという物でしょう。

もちろんそういう形で不要品をオークションに出して副収入を得ている主婦もたくさんいますが、ハンドメイドが得意な方の場合、手作りの服飾品等をネットオークションで販売して収入に繋げていることも珍しくなくなっているのです。

ハンドメイドの品は、ネットオークションでもとても人気の高い商品ジャンルの一つです。

実際にオークションサイトで商品を探してみると、主婦によるハンドメイドの品物がたくさん出品されていることがわかります。

つまり、それだけたくさんの主婦が副業として手作りの品を販売しているというわけです。

ハンドメイド品をネットオークションに出品する場合、まずは品物を作る手間と発送をする手間が発生します。

主婦の方は比較的日常の中で時間の調整を行いやすく、こだわりのハンドメイド品を作る時間や発送手続きを行う時間も確保しやすい傾向があります。

得意なハンドメイドを収入に繋げる為に、主婦の副業としてネットオークションは非常に理想的な手段だと言えるでしょう。

ハンドメイド品を作る為には、その材料費が必要になります。

その為、空き時間を使って品物を手作りしてネットオークションで販売する場合、利益としてはあまり大きくできない可能性も否定はできません。

しかし、趣味や特技を活かして収入を得られるという理想的な形を実現できるという点は、何よりの魅力です。

また、少しでも収入を増やしたいと考えている主婦にとっては、非常に都合の良い副収入獲得の方法となっているのです。

ネットオークションサイトの利用はとても簡単です。

中には、会員登録をして出品者として手続きを行うだけで、基本的な金銭のやり取り等はオークションサイトが代行するケースも少なくありません。

こうしたサイトを利用すればより安全に取引を行う事が出来るので、インターネットでの取引に不慣れな主婦の副業としてもお勧めです。

お金を増やす方法の王道は定期預金

お金を増やす方法の一番基本的な方法はなにであるかを問われれば銀行預金と言っていいでしょう。

銀行預金の金利がゼロ以下にならない限りは預金をしていれば少しずつでもお金が増えていくことは確実ですし、例えば投資などの方法でお金を増やす方法と比べて銀行預金は圧倒的に安全性が高いとも言えます。

ただし、銀行預金について一つだけ注意しなければならないのは、ペイオフの制度があることです。

可能性は高くなく、どちらかといえば少ないことですがもし銀行が破たんした場合には預金者はいくらたくさんの銀行預金を破たんした銀行に預けていたとしても1000万円のその利息分しか預金は保証されないことになりそれ以上の預けていた金額は破たんした銀行と共に消えてしまいます。

1000万以上の預金が一つの銀行にあるという人は一つの銀行には1000万円以上の預金を預けないで一行当たりの預金量が1000万円以下になるように銀行を分けて預けておくという必要があります。

銀行預金の中でも中心になるのが、普通預金と定期預金でしょう。

普通預金の特徴は金利が低い代わりに預金の出し入れがしやすくなっており、いわば預金者の財布代わりになるのが普通預金ということができます。

一方の定期預金は決められた一定の時期は出し入れができない代わりに金利が普通預金に比べるとかなり高く設定されています。

数か月程度の短い期間の定期預金もあれば何年にもわたる長期の定期預金もあり、預金者が選ぶことができますが、もちろんのことですが、長期の定期預金の方が金利が高くなっています。

なぜお金を増やす方法の王道が定期預金であるかといえば金利の複利性が活用できるからにほかなりません。

複利とはいわば金利に金利が乗っていくという形でこれは金利が高ければ高いほど効果が高いので、安全性が高く複利性がある定期預金がお金を増やす方法としては確実性が高い証明ということになります。

株式投資やFX投資がハイリスクハイリターンを狙う方法の代表であるということができますが、逆にローリスクローリターンの代表が定期預金と言っていいでしょう。

しかし、金利が低い今の状況を見てみれば定期預金がローリスクローリターンであることには間違いありませんが、普通預金などを比べるとローリスクということは同じであっても定期預金はローリターンではあっても普通預金と比べるとハイリターンであるという言い方もできないではありません。